產品資料

                                              TM-LONG1 U-507用探頭 皮帶張力計測試頭 日本Unitta張力計探頭

                                              如果您對該產品感興趣的話,可以
                                              產品名稱: TM-LONG1 U-507用探頭 皮帶張力計測試頭 日本Unitta張力計探頭
                                              產品型號: TM-LONG1
                                              產品展商: 日本制音波式張力計UNITTA
                                              產品文檔: 無相關文檔

                                              簡單介紹

                                              TM-LONG1 U-507用探頭 皮帶張力計測試頭 日本Unitta張力計探頭


                                              TM-LONG1 U-507用探頭 皮帶張力計測試頭 日本Unitta張力計探頭  的詳細介紹
                                              日本unitta u-507 皮帶張力計測頭
                                              另U-507整機售價:3980元

                                               
                                              日本unitta u-507 皮帶張力計
                                              型號︰ u-507 皮帶張力計
                                              品牌︰ unitta u-507 皮帶張力計
                                              原產地︰ 日本

                                              功能:

                                              張力值:0.01-99900N

                                              頻率范圍:10-5000Hz

                                              1、通過模擬信號處理,可測出不同條件下的振動波形,并可讀出波形的周期,通過周波數頻率的處理,換算出張力值

                                              2、自動**噪音,雜音的干擾

                                              3、大屏幕液晶顯示,可同時顯示張力值和周波數值,單位測量值和標準張力值,顯示單位質量,傳送帶寬度,傳送帶長度,三種顯示方式任選其一

                                              4、有背景燈光設計,可根據使用場所確定是否用背景燈

                                              5、麥克風對低頻的敏感度提高了,可用于大型傳送帶的測量

                                              特征 
                                              ◆附帶輸出接頭模式u-507d的特征
                                              ·基本辦法 【u-507 (標準機) 】是和共同功能。
                                              ·由于usb 電纜和計算機的接續計算機上表示可能測定結果。
                                              ·用計算機加工處理測定的數據的事有可能。
                                                ◆u-507d、u-507共同特征
                                              ·時事畫報液晶采用
                                              ·后照光裝載
                                              ·預安裝完了適時皮帶的單位質量值
                                              ·話筒性能提高
                                              ·測定頻率區域擴大
                                              ·充實數據選擇器功能
                                              ·根據汽車增益調整的暗噪音的自動取消
                                              ·以前機型 ( u-505) 的基本辦法是標準裝備
                                              ·應付用狹小空間的測定
                                              ·確立描圖器千兆分之一t 體系
                                              ·容易攜帶的輕量·緊密的設計 

                                               

                                               

                                               
                                                 
                                               
                                               
                                               
                                              皮帶張力計
                                               
                                                      我們擁有*新日本UNITTA的U-507皮帶張力計,可以科學.方便.準確依據其“振幅.頻率”測出安裝張力.因為每種皮帶因種類.寬度不同,有不同‘安裝張力’.我們都知道,安裝張力太小,易跳齒或打滑,或是達不到要求傳動力;若安裝張力太大,皮帶易繃緊而壽命短,或軸承受力過大而易損耗。
                                               
                                                      所以正確測量出‘皮帶張力’是絕對必要之動作。
                                               
                                               
                                               
                                              皮帶輪偵測標準與否
                                               
                                                      皮帶輪公差.形狀標準與否,牽涉皮帶與輪子吻合度及傳輸能力,甚至皮帶壽命長短,及噪音大小或機器壽命功能完整否,是很重要的。
                                               
                                                      我們有國外原廠齒型圖面資料,提供皮帶輪*準確齒型,可將已使用帶輪作投影比較,分析出來到底與原廠圖形相差多少。再加上我們配有Gates專利之polychain,GT,GT2,YU等原廠刀具,可做出以原廠皮帶配合*精準之皮帶輪。
                                               
                                                      凡此種種,全套設計,檢驗,或皮帶輪設計制造配合,我們可以說是全臺灣,全中國*完整的專業公司,我們不止賣各種工業皮帶,更提供一條龍的專業服務。
                                               
                                                 
                                                 
                                                日本UNITTA牌U-507皮帶張力計
                                                 
                                                工作設計原理:
                                                 
                                                被擴張的皮帶受到外來衝擊和振動,而產生周波,*初開始的波動為含有高頻率成份和衝擊成份,呈不規則的波形,然後才逐漸推移到皮帶的固有波形,但由於震動在很短時間內就會衰竭,而且伴隨著高頻率情況下很難擷取到皮帶的固有的波形的周期,借助微型電腦系統進行擷取,再進行獨立的資料處理,就能被編入程式的計算公式,顯示出皮帶的張力值。
                                                 
                                                 
                                                U-507皮帶張力計的介紹傳送帶張力計的設定原理概要:
                                               
                                              幅量的調節(噪音的自動消除) 通電後按下:“MEASURE”鍵運之間,會定期偵測周圍的噪音環境,並自動調整麥克風的敏感度,“MEASURE”鍵按下後,麥克風的敏感度就固定下來
                                              振動波形的檢出 靜止狀態下的傳送帶所產生的音波,用微小的噪音單位測出
                                              雜音的** 內藏濾波器可以自動除去雜音成份
                                              周期的測定 根據周期測定電路測出每個波形的周期
                                              信號處理 根據摸似信號資料處理,測出來不同條件的振動波形的基本波形
                                              周波數頻率換算處理 從數位?。?-9)輸入測定物件傳送帶的單位重量,幅寬度帶的長度,換出張力換算式:
                                              張力值:TO=4*M*W*S*F*10.9N M:單位品質(帶狀時=按8/1M*1mm寬度單位來計算) 線狀時=g/1M*長度單位來計算
                                              W:寬度(帶狀時=輸入皮頻寬度多少mm 線狀時=輸入根數, 如:1根線時,就輸入1
                                              S:表示被測出的傳送帶的1次固有的振動數HZ
                                                 
                                                新功能:採用高清晰的液晶螢幕,可以顯示更多的訊息如...
                                               
                                              兩行顯示測定張力和周波數值,可能確認張力和周波數值
                                              兩行顯示單位測定值和標準張力值(基準)作比較
                                              三行顯示單位品質,傳送頻寬度,傳送帶長度、各種數量能一目了然液晶背燈的設計有液晶燈的保證,既使在黑暗場所下能下正常動作已儲存規定的傳送帶的單位品質舊機型(U-505)採用手輸入的方法來輸入單位品質新型號(U-507)只要輸入傳送帶的型號,就可以立即一目了然的顯示出品質值麥克風效能高提高了低頻率域的麥克風的敏感度,尤其是大型及長型傳送帶能發輝作用擴大頻率欄位舊型號U-505的頻率是1000HZ,而新型號是:5000HZ,對於傳送帶或傳送線等的矩離的高頻率範圍的測定可發輝很大的作用。

                                               

                                              ベルトの壽命とも大きく関わりのあるベルトの張力測定は、これまで測定する人の勘に頼る要素が多く、時として測定結果にはかなりの個人差を伴うことがありました。
                                              そこで誰にでも簡単かつ正確に測定できることを目的に開発したのが、音波式ベルト張力計です。
                                              ベルトから発生させた音波(自然周波數)をセンサがとらえ、それを高機能コンピュータで処理。ベルト張力を正確にデジタル表示します。
                                               



                                              ベルト張力の計測原理
                                              ◆概要
                                              プーリ間に張られたベルトに衝撃を加えると、當初ベルトは高周波成分や衝撃成分を含む不規則な波形で振動し、その後ベルト固有の規則的な波形へ推移します。その振動は短時間で減衰するため、高次數成分の振動の発生などと併せて、これまで基本波形の周期をとらえることはとても困難でした。しかしマイクロコンピュータを駆使した振動周波數をとらえる獨自のデータ処理の開発によってこれを実現。プログラムに組み込まれた演算式により正確な張力値を表示します。
                                              ●歯付ベルトの振動減衰推移


                                              ◆演算式
                                              張力値 : To = 4 × M × W × S2× f2× 10-9N

                                              M : 単位質量 (ベルトの場合:g/1m長さ×1mm幅當たり ワイヤの場合:g/1m長さ當たり)
                                              W : 幅 (ベルトの場合:ベルト幅をmm単位で入れる ワイヤの場合:「1本」を表す“1”を入力)
                                              S : 測定スパン長さ (mm)
                                              f : センサにより計測されたベルト1次固有振動數 (Hz)


                                              U-507D 出力端子付モデル
                                              付屬のUSBケーブルを用いて、測定結果をパソコンに取り込むことができます。
                                              ?

                                              U-507D本體にメモリー機能はありません。

                                              ? U-507D測定データ受信ソフトは、ダウンロードしてお使いください。


                                              ページトップ


                                              U-507 / U-507D 共通基本性能
                                              ◆グラフィック液晶
                                               グラフィック液晶により大幅な情報量を表示
                                              張力値と周波數値が同時に確認できます。 測定値と標準張力値(目安)との比較が可能になりました。
                                              (タイミングベルトのみ)
                                              入力データが一目で確認できます。

                                              ◆バックライト搭載
                                               液晶表示畫面にバックライトを搭載

                                              ◆タイミングベルトの単位質量値をプリインストール済み
                                               ベルトタイプを指定するだけで、単位質量値を表示。(手入力インプットもできます。)

                                              ◆測定周波數エリア
                                               10Hz~5000Hz

                                              ◆データセレクタ機能を充実
                                               インプットデータを記憶するデータセレクタ機能が20種類

                                              ◆オートゲイン調整による暗騒音の自動キャンセル

                                              ◆オートトリガー機能

                                              ◆EEP-ROM採用によるインプットデータの保護

                                              ◆オートパワーオフ機能による省エネルギー化(約5分で自動的に電源OFF)

                                              ◆トレーサビリティ體系を確立
                                               ISO9000取得で必要な検査成績表、トレーサビリティ証明書が発行可能な體制

                                              ページトップ


                                              オプションマイク
                                              ◆橫型アームマイク?。ㄆ贩篢M-YOKO)
                                              橫型アームマイクはマイク側面にマイクがあるのでベルト背面と機械のすき間が狹い場所でも測定が可能です。
                                              (厚み10.0mm×幅20mm / 全長170mm)
                                              橫型アームマイク

                                              ◆ロングアームマイク?。ㄆ贩篢M-LONGI)
                                              標準マイク(全長170mm)に対してアーム部の長い(全長350mm)タイプ。
                                              ロングアームマイク

                                              ◆電磁式センサ?。ㄆ贩篢M-DGS)
                                              音波ではなく、磁力の変化をセンサで捕らえるので、スチールワイヤ?スチールベルトなどの測定が可能です。ゴムベルトでも雑音(暗騒音)の影響を受けやすい環境下にて通常マイクで測定不可能な場合でも、薄い磁性體(固有振動數に影響を及ぼさない程度)を塗布することで、測定可能になります。
                                              電磁式センサ

                                              ◆コード式マイク?。ㄆ贩篢M-COM)
                                              標準マイクでは測定しづらかった機械の奧にあるベルトの測定が可能な、長さ1mのコード式マイク。
                                              コード式マイク

                                              ※オプションマイクはすべて、従來品のU-505、U-305にもご使用できます。

                                              ◆張力計検定裝置 U-305-OS1
                                              張力計検定裝置
                                              產品留言
                                              標題
                                              聯系人
                                              聯系電話
                                              內容
                                              驗證碼
                                              點擊換一張
                                              注:1.可以使用快捷鍵Alt+S或Ctrl+Enter發送信息!
                                              2.如有必要,請您留下您的詳細聯系方式!

                                              粵公網安備 44190002002520號

                                              亚洲精品无码久久毛片波多野吉衣